女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2014.7.15 vol.3

事業計画は誰のため?

こんにちは。【Grow up!】の月森です。
前回のメールマガジンは、一部の方には、リッチテキストでお送りしてしまい、大変失礼いたしました。
今日はテスト配信をしっかり行い、ミスがないよう気を付けました。

もくじ

1)嗚呼、助成事業!事業計画書の極意とは?

2)【Grow up!】Information
  (1)セミナー情報(再案内)
    【ひとり起業した講師のためのセミナー開発入門】
    【魅力的な写真の撮られ方!】
  (2)定番になりました!セミナー(再案内)

1)嗚呼、助成事業!事業計画書の極意とは?

--------------------審査員目線で

このところ。事業計画について、意見を求められることが増えました。
そんな場合、助成事業に応募する、しないに関わらず。
私は、助成事業の「審査員」目線で考えることにしています。
(昨年より、自治体の一助成事業の審査員を務めております)

助成事業の採択は、「審査員」の減点が少ない方から、上位に上がってきます。
重要視するポイントを3つ上げるとしたら
 1)助成事業主催側(お金を出す側)の、主旨にあっているか
 2)どんな問題解決になっているか、ニーズ、市場性
 3)実現可能か
加えて、
 〇「新規性」「先駆性」
 よくありがちなプラン、自社内での焼き直しはポイントが低く、
 チャレンジ性、リスクが高いものはポイントが高くなります。
〇「持続効果」「波及効果」
 一過性の事業ではなく、継続が見込まれ、その事業を行うことによって、
 社会に及ぼす影響が高いものはポイントが高くなります。
 「私は、こんなことがやりたいンです!!」
 いくら夢と情熱があっても、どんなに素敵なプランでも(とご自身が思っていても)、それだけでは通らないのです。

 時には「それは日本国が(税金から)お金を出す義理はない(相手国に出してもらいなさい)というものも、結構あるのです!

大体、どんな助成事業でも、これらのポイントについては、表現は違っても、おおむね同じです。
他に、たとえば雇用を謳った助成金なら、「雇用・育成」を盛り込む必要があるなど、 別途、助成事業の趣旨に沿った形で策定する必要があります。

--------------------それは誰が、いつ、どういう風に?

収支予算表やスケジュール表を拝見していて、実際に稼働しているイメージが湧かない計画書が少なくありません。
「いったい誰が、いつ、どこで、どういう風に、このプランを実行するの?」
売り上げが億から何十億なのに、人の動きが見えない机上の空論では、成功しませんし、実行に移せません。
人の動きや責任分担がわかる組織図や、ガントチャート(工程表)で具体化を。

--------------------事業計画は誰のため?

「収益をどう書けばいいのか、よく分からないんですが…」
まだやったことのない事業なのですから当然です。
ですが、「事業計画は、いったい誰のため?」
助成事業に「うかる」ためだけに書いた計画で事業を始めたら、おそらく計画書と現実との整合性に四苦八苦したあげく、助成事業終了後、継続してゆくのが難しくなってくるでしょう。

●事業計画は、まず自分の頭の中と、お財布と、人脈を整理するために必要です。
 自身が現時点でイメージできる「売上目標」なり、数値目標を、数字の根拠とすれば良いのではないでしょうか?

●事業を始めたら、自分の身近な人…「家族」の理解は重要です。
 次に従業員、ビジネスパートナー、クライアントなど。
 その人たちが、理解できない、共感できないような事業計画書は、実現できないし、成功できないといっても過言ではありません。

●助成事業の審査員に訴求する計画書。
※上記の二点を考慮したら、専門用語を乱用した事業計画書がいかに伝わりにくいか、あるいは不利であるか、お分かりになると思います。
「小学校の子どもにも分かるように」書きなさい、と指導されるのは、そのためですね。

●融資や投資をしてくれる人たち
 数字の根拠は必至です。
 また、相手は多くの起業家や経営者を見ています。
 計画書云々以前に、本気かどうか、すぐに見破られます。

私は、相談を受けたら、特にアドバイスするでもなく、相談者に質問に、質問を重ねることにしています。
答えに行き詰まった箇所は、考え直すか、資料や調査を追加すべきです。
答えたことが、計画書に反映されていなければ、説明が足りていません。
そんなチェックをしながら、補足、修正してゆけば良いのではないでしょうか?

--------------------【Grow up!】の取り組み

手前みそではありますが、【Grow up!】では、この4月から今日までの三か月間に、 8本の助成事業の申請に関わり、「採択」結果を出しました。
アドバイザーとして、メンバー自らが、あるいは共催として。

助成事業は、補助金がもらえるというメリットもありますが、何かと融通が利かず、事業報告書の策定もたいへんで、下手をすれば、予定していた交付金額が降りないといった デメリットもリスクも多いため、手放しで喜べるものではありません。

ですが、助成事業を行ったという事実は立派な実績になりますし(行政がその業績を認めてくれるのですから)、また、異業種の人たちと関わるチャンスでもあります。
さらに、どんぶり勘定で、行き当たりばったりな事業を行ってきた人にとっては、厳しい修行と更生の機会となるかも知れませんね。

2)【Grow up!】Information

==================== 【Grow up!】セミナー情報

■【ひとり起業した講師のためのセミナー開発入門】
 自分の強みを生かした参加者がリピートするセミナーを作りましょう!
  企画から開催までのコツを分かりやすくお伝えします

 〇日時:2014年7月23日(水)13:00〜16:00
  <詳細・お申込み> http://grow-up5.com/seminar-140723.html
 〇講師:水谷昭彦
 〇対象:
  ご自身のセミナーをブラッシュアップしたいと考えている方
  小規模のオリジナルセミナーをコツコツするタイプの方
 〇内容:納得させられるセミナーコンテンツ作成のコツ
     腑に落ちるセミナーの構成術

==================== 【Grow up!】セミナー情報

■【魅力的な写真の撮られ方!】
〜魅力的な笑顔とポーズで、ブランド力、ビジネス力がアップするプロフィール写真を撮影しましょう!

 〇日時:2014年7月30日(水)13:00〜17:00
 <詳細・お申込み>http://grow-up5.com/seminar-140730.html
 〇講師:詩笛立季先生
 元宝ジェンヌ、芸能プロダクション社長の詩笛立季さんによる、笑顔とポーズのレッスン&サポートで。
 芸能界でご活躍のヘアメイク、アートディレクター、フォトグラファーによる撮影で、
 ぜひ、ビジネス力がアップする素敵なプロフィール写真を撮影しましょう♪
 ※場所は原宿 Studio PETUですので、お気をつけください。

==================== 【Grow up!】定番になりました!

少人数による(定員4名)徹底的な指導。ビデオ映像による「お家で復習!」機能も追加しました!

■【1分で聞き手の心をつかむ!】シリーズ
 ワークショップ1「心に響く声と話し方」
    〇日時:2014年7月16日(水)19:00〜21:00

■【1分で聞き手の心をつかむ!】シリーズ
 ワークショップ2「伝わる話の組立て方」
    〇日時:2014年7月30日(水)19:00〜21:00
<詳細・お申込み> http://grow-up5.com/seminar-isshiki.html

--------------------

■毎月2回、フリートーキングを行っております。次回は8月7日 (木)16:00〜18:00です。
 〇場所:ベンチャーデスク銀座9Fフリースペース
     東京都中央区銀座6-16-12 丸高ビル9F

-------------------- 編集後記

最後まで読んでくださいまして、どうもありがとうございました。
少しでも、お得な情報をお届けできないか、お互いに仕事に繋げてゆけないだろうか、そして何より、ご縁を頂戴したみなさまとともに、しあわせで豊かに!そんな想いでおります。

★★【Grow up!】にご入会いただける方、または知人をご紹介いただける方
  以下のフォームよりお申込み、あるいはお知らせください。
  http://grow-up5.com/#com-form
【Grow up!】メールマガジンは、メンバーの皆様、これまでに、ご縁を頂戴した方々に配信させていただいております。
御不用の方は、ご面倒ではございますが、このメールアドレス宛にその旨、お知らせいただけましたら、幸いです。

(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン