女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2014.8.19 vol.8

そこまでやるの?

おはようございます!まだまだ、残暑が厳しいですね。
今年は秋の訪れが早いそうですが、夏バテしないよう、食事に、睡眠に気を配りましょう(*^_^*)

●どこから、手掛けりゃいいの?

セミナーを、一度受講していただければ、みなさんに200%満足して帰っていただけるのに…。
 「集まらない!」
そんなお悩みの方、多いと思います。

【Grow up!】も、やはりそうです。お盆期間中に、勉強会を行いました。
  ・告知や集客に効果的なのは?
  ・Facebook?ブログ?メールマガジン?
  ・ホームページはどこに位置づけ?

ノウハウや効果の情報が錯綜して、結局、どこから手掛けりゃいいの?
わけが分からなくなってしまいました。

●そこまでやるの?

1)Facebookの「1000いいね!」の秘訣
2)ブログはやっぱりアメブロ?それともホームページ内に設置した方がSEO対策になる?
3)メールマガジン、毎日の配信はウザい?文章は長いとゴミ箱行き?
  〇Facebook。
   いくら毎日頻繁に発信していても、いいね!やコメントの付かない記事は、ほとんど表示されていません。
  〇人気のアメブロは、相互読者機能やランキング効果で、発信力が上がります。
   一方で、自社のホームページ内に設置すると、インデックス数が上がりSEO対策に有効です。
  〇メールマガジンは毎日決まった時間に送るのが有効だと言われています。
   件名の長さは17文字以下、メールの差出人名は10文字以下というのもスマホ時代のコツだそうです。

そして、「集客率」「収益率」の高い人の多くはそのすべての方法を、効率よく利活用しています。
中には、ターゲットや目的によって何パターンものステップメールを用意していると言う、 「つわもの」もいらっしゃるそうです。
「そこまで、とても出来ない!!」参加者、一同に口を揃えました!!
まずは、できるところから。

ただ、大切なことがあります。

●迷わない、迷わせない?

■まず、受講生の方へ。

自社の商品やサービスへの導線としているものを、「セミナー」と呼んでいる所が多いのですが、それらは「説明会」や「プロモーション」であって、本来のセミナーとは区別すべきです。

■次にセミナーを開く側の方へ。

Facebookやブログでは、直接、購買を促したり、集客するのを禁止しているところが多いため、Facebook→ブログ→メールマガジンという流れを利用する人が多いのですが。
  ▼いきなり申込を促すせっかちなイベント作成。
  ▼窓口からの誘導先がまた窓口、お客様をウロウロさせちゃうループ地獄。

を、作らないことが肝心です。
ますます厳しくなるご時世に。ツールはあくまで、信頼関係を作るためのものだと考えています。

ご案内

■8月のランチ会…8月26日(火)表参道のイタリアンレストラン:会費¥2,500円(定員数8名 残席1)
■9月のフリートーキング…9月4日(木)16:00~18:00(東銀座)無料
■【1分で聞き手の心をつかむ!】シリーズ:ワークショップ2「伝わる話の組立て方」
〇日時:2014年8月27日(水)19:00〜21:00
※このシリーズ、最後のセミナーです。秋からは新しいセミナーとして登場します。
 お得な受講料もこれが最後ですので、ぜひ、この機会に受講してはいかがでしょうか?

--------------------
■9月から。新しいセミナー、リニューアルセミナーが登場。
■10月から、フリートーキングが、お茶会スタイルに!@コートヤード・マリオットホテル(銀座)。※メンバー無料

-------------------- 編集後記

最後まで、ありがとうございました。
【Grow up!】メールマガジンはメンバーの皆様、メールマガジン購読にご登録くださったみなさま、ご縁を頂戴した方々に配信しております。
御不用の方はご面倒ではございますが、このメールにご返信ください。

★★【Grow up!】にご入会いただける方、または知人をご紹介いただける方
  以下のフォームよりお申込み、あるいはお知らせください。
  http://grow-up5.com/#com-form
(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン