女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2014.12.2 vol.23

美と文化を仕事にする

おはようございます!【Grow up!】の月森砂名です。
いよいよ師走に突入ですね。今月もよろしくお願いいたします。

●本当の「ゆたかさ」って何だろう?

ここ数年、「女性起業家」という言葉が一人歩きした感があり、今年は特に、産官民で、「女性起業家支援」があちらこちらで花開きました。

かつて「ビジネスセミナー」「起業塾」と言うと、セミナー会場の大半を男性が占め、受講生には製造業、飲食業、サービス業が多く、士業やコンサルタント、金融機関や大企業上がりの講師が「数字とは!戦略とは!組織とは!!」と講義を行う。
そうやって日本経済が回って来たのでしょうが、この国は、本当に豊かになっているのでしょうか…殺伐した光景に、そんなことを思う、今日この頃です。

最近、起業スクールに来られる女性たちの多くは、真の豊かさを追求することをミッションに、自分の魅力を活かした事業計画を展開され、たいへん嬉しく思っています。

そんな中で伝統の和文化事業と言うのは、収益に結び付きにくく、多くが国や支援者の庇護の元に生き延びてきたという歴史があります。
しかし私は、伝統の和文化を交流の出汁にするのではなく、日本文化こそが、これからの豊かな世の中に貢献し、ビジネスに必要不可欠な要素だという思いでおります。

●アウェイで舞う

「地歌舞」

能楽一辺倒の私が(2010年奈良で、能楽と中国の昆曲と和太鼓を映像でつなぐ舞台をプロデュースしています)。その舞を初めて見たのは、2年前の秋。
新橋の「金田中」の大広間でした。

地歌舞に対して、なんの素養も造詣もない私は、「歴史は夜、動く」、有名な料亭「金田中」に行ってみたい!
そんな不純な動機も手伝って、興味津々でお伺いしました。
私には、「奈良と言えば、能楽!」という強い偏見がありました。
お膝元の大阪や京都ならいざ知らず、「奈良で地歌舞?」と半信半疑だったのです。

ところが。
奈良から来られた地歌舞の名手「山村若女」先生の「ゆき」を拝見して、心が震え、心底感動して、涙が流れました。
佇まいの美しさは言うまでもなく、所作の一つ一つが、豪奢な金屏風の現実世界を、一面の雪景色と、悲しい性と情の世界に塗り替えてしまったのです。

上方舞をなぜ、奈良で?
若女先生に単刀直入にお尋ねしてみました。
「奈良は能楽を嗜む人が多くて、地歌舞は根付かん」
ずいぶん言われたそうです。
ですがそんな奈良だからこそ、絶対広めたい!!と続けて来られ、今ではお嬢様も後を継がれ、東京にもお弟子さんが大勢おられます。

●青い目の宮司さん

その地歌舞が、12月7日、渋谷でご覧になれますので、ご紹介いたします。
座敷舞の会『舞華会』
たたみ半畳あれば舞えると言われる、山村流の地歌舞は、極度に簡素化、抽象化された振りや型で表現し、美しい日本の伝統の美意識が詰まった舞です。
今回は、地歌舞の代表曲三題、森荷葉さんとのお話
地歌三味線についてのお楽しみコーナーと、初めての方にも楽しんでいただけるよう、舞の見方や演目についてのお話等盛りだくさんな企画です。
 ◆日時…12月7日午後2時開演
 ◆会場…渋谷・金王八幡宮社務所座敷
 ◆演目…江戸土産
     茶音頭
     ゆき
 ◆出演…山村若女
     山村 若瑞
     菊央雄司他
     森荷葉(司会進行)
もちろん、私も参ります。

さて。
サブタイトルにもありましたが。金王八幡宮は、渋谷駅より歩いて5分のところ。
にもかかわらず、喧騒から離れ、穏やかな時が流れるお社です。
前回、若女先生に奉納舞にご招待いただきました折に、宮司さんが外国の方だったことに驚きました。
「かしこみ〜、かしこみ〜」
恭しく玉串を渡される青い目の宮司さん、烏帽子を付けられて、さらにカサが増して、 天井につかえんばかり。
奈良では考えられない光景です。
オーストリアの方だそうです。

日本の和の魂と神の慈しみは、穿った見方をされるほど、狭いものの考え方でも、偏った精神性でもありません。
和文化とともに、世界の平和と調和のために、どんどん国境を越え、さまざまな文化や精神と融合して、広がってゆければと願っています。

【Grow up!】のご案内

●忘年ランチ会を開催します。
 ■日時:平成26年12月22日(月)11:30〜14:00
 ■場所:「バラババオ BARABABAO」 http://r.gnavi.co.jp/e802701/
 ■定員:10名(【Grow up!】コミュニティーメンバー、女性優先)
 ■参加費:2,000円
 「バラババオ BARABABAO」は、【イタリア政府&商工会がクオリティを保証】の イタリアンレストラン!です。
 今回は、ゲストスピーカーをお呼びせず、今年一年を振り返り、来年の展望、抱負を、みなさまにご発言いただき。意見交換会、懇親会とさせていただきたいと存じます。

-------------------- 編集後記

最後まで、ありがとうございました。
【Grow up!】メールマガジンはメンバーの皆様、メールマガジン購読にご登録くださったみなさま、ご縁を頂戴した方々に配信しております。
御不用の方はご面倒ではございますが、このメールにご返信ください。

★★【Grow up!】にご入会いただける方、または知人をご紹介いただける方
  以下のフォームよりお申込み、あるいはお知らせください。
  http://grow-up5.com/#com-form
(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン