女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2015.1.14 vol.28

生まれて初めて叱られた?

おはようございます!【Grow up!】の月森砂名です。
先日、スタッフ10名ほど抱える会社の社長さんと、「響」のグラスを傾けながら、「マッサン」の大将の話し…ではなく、「叱る」話しになり、いろいろ思い出したことがあります。

●出世の道!?

大学を卒業後、私は、伝統の手法をポップなデザインでアレンジしたアクセサリーを製造販売する会社に就職しました。

商品は10代、20代の女子たちに飛ぶように売れ、女性たちばかりの製造部では、毎日作っても作っても、在庫棚は瞬く間に空っぽ。
誰かがミスをすると、たちまち回らなくなる現場でした。
そんな中、ある女性社員が部長に抜擢された理由は
「人をしっかり叱れる人だから」でした。
感情に任せて「怒る」ことは誰にも出来ることですが。
人に嫌われようが恨まれようが、自らの信念を貫いて、人を「叱り」、成長させることはとても難しいことです。

その後、私も企画・営業部で新卒の部下が2人付きました。
新しい小さな会社では、「社員教育」「マニュアル」といったものはありませんでした。
「今日から、一緒に(営業に)連れて行って」
いきなりです。

●心身ともに消耗する

「教える」つもりはありましたが、「成長させる」という意識はありませんでした。
私だってまだ20代半ばでしたから。

二個一で、今日はA君、明日はBさん、交互に挨拶周りから。
言葉使い一つから教えなくてはなりません。
学生気分が抜け切れず、気持ちも半端。
最初は優しくしていた私も、このままでは、会社の信用にもかかわります。
次第に厳しくなってゆきました。

数週間経った頃。
家に帰り着くなり吐いて、二、三日、何も食べられなくなりました。
「叱る」と言うのは、心身に堪える、たいへんなことだと知りました。

そのうちに。
「仕事」って、何だろう、何のために仕事をしているのか、みんなで仕事をすることの意味など話し合ううちに、自分で考えて動くようになりました。

今は彼らも、夢を実現して独立したり、会社の社長さんになっています。

●「雷」と女子大

三年間ほど、ある大学のゼミと、産学官民のコンソーシアムでご一緒させていただきました。
そのゼミの教授が、とても厳しいのです。
プロジェクトのことだけでなく、日常の言動、心がけについて、徹底して厳しく躾ます。
ですがもっと驚いたのは、
「これまで生きて来て、親に、叱られたことが一度もない。初めて先生に叱られた」
という学生の存在でした。
先生の叱り方は、まさに「雷親父」そのもの。
女子学生は、みんな泣き出し、側にいる、こちらまで胃が痛くなるほど。

ですが就職してから、若者の離職率の高い昨今、このゼミの卒業生は粘り強い頑張り屋さんが多いと、評価が高いのです。
--------------------
閑話休題。さて、前述の社長のお話です。
「僕たちも、そうやって叱られて来たから…」
ところが昨今は、叱るとダメなんだそうです。
「最近は、褒めて、褒めて、褒めて…」
首筋が「こそばゆーく」なるまで、褒めまくって、育てるのだそうです。
ですがやはり、肝心要のところでは、叱ることも大切ではないでしょうか?

そういえば、大河ドラマ「花燃ゆ」の第一回目は、伯父に張り飛ばされ、青あざを作っている子ども時代の兄妹の姿が、かなりリアルに描かれていて、正月早々、視聴者の反応が気になったのですが。
「これぐらい厳しくなくては」との意見もありました。
--------------------
やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
やっている、姿を感謝で、見守って、信頼せねば、人は実らず
山本五十六

-------------------- 編集後記

最後まで、ありがとうございました。
【Grow up!】メールマガジンはメンバーの皆様、メールマガジン購読にご登録くださったみなさま、ご縁を頂戴した方々に配信しております。
御不用の方はご面倒ではございますが、このメールにご返信ください。

★★【Grow up!】にご入会いただける方、または知人をご紹介いただける方
  以下のフォームよりお申込み、あるいはお知らせください。
  http://grow-up5.com/#com-form
(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン