女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2015.5.26 vol.45

結果が出せない時…

おはようございます!【Grow up!】の月森砂名です。
先週は、奈良出張中でしたが、ポケットWifiを忘れたため、メールマガジンを配信することができませんでした。
ですが仕事に関係するメールは5日間も放ったらかしにするわけにもいかず、近くにあるイオンモール内のスターバックスで、ノマド状態でした。
セキュリティーに難ありですが、パブリックな場所でのノマド仕事は、なぜか捗るので、時々利用します。

●結果が出せない時…

どんなにトップを走っている人にも、思うような結果が出せない時があります。

そんな時はどうすれば良いのでしょう。

「いつも通りの練習のメニューを淡々とこなすだけ」と、本田選手が答えているのを、記事で読みました。
--------------------
2011年。
震災の風評は瞬く間に広がり、奈良でも、まずはドイツの人が、訪れなくなったと言います。
前年、古民家を利用したB&Bタイプの宿泊施設を開業したばかりの女将さん。
パタッと客足が途絶え、その心中はいかばかりだったでしょう。
たびたびお邪魔して、美しく整えられた中庭を眺めながら、お話をお伺いしました。

●掃除、掃除、また掃除

「毎日が掃除、掃除、また掃除ですよ」
汚れたから掃除をするのではなく、「お客様を迎えるために」掃除をする。
予約が一件も入らないことにフォーカスして、焦ったり悩んだりするのではなく、やがていらっしゃるであろうお客様に焦点を当てて、毎日、完璧に掃除をする。

そういえば、どこの寺社仏閣も、いつも表がきれいに掃き清められているのを、奈良育ちの私は当たり前のように感じていましたが、その心構えはすべての和文化に通ずる原点だなと思いました。

さて。
B&Bタイプの旅館は、欧米人はよく利用するのですが、日本人(それも国内旅行専門の人たち)には馴染みがないせいで、「あれが足りない、これがない」と、B&Bならではの良さを満喫しようとせず、一流ホテルや旅館と比べて、文句を並べる人が結構いるそうです。
女将さんは語学にご堪能で、日本文化を伝えたいと思いもおありでしたので、日本人のお客様に媚びへつらうことなく、欧米人へのPRとサービスを徹底しました。

私なら、毎日予約がない状況では、日本人のお客様も受け入れるだろうな…と思ったので、その意志の強さには感服しました。

●待てば海路の日和あり

人の噂も75日、とはいうものの、放射能の風評はそうたやすくは消えません。
それでも女将さんは、明るかったです。
「毎日、掃除、掃除」
を繰り返し、ぼつぼつ戻ってきた海外のお客様が、「おもてなし」の素晴らしさ、「日本文化」に触れて、感動なさったというレポートを、ご自身のブログに綴り始めました。
ここでも、女将さんは徹底していました。
「お客様の館内での撮影は一切お断り」
個人の撮影した写真は、良いものも悪いものも、文章より強力な説得力を持って、世界中を一人歩きする、諸刃の剣。

そんなある日。
「ロンリープラネットに載ったのよ!」
と、見せてくれました。

「ロンリープラネット」というのは、業界シェア20%を誇る世界一のガイドブックです。
英語版ですが「地球の歩き方」など足元にも及ばない情報量を誇っています。
小型版ながら、分厚さは電話帳並み。

あわせて、ツーリストたちの口コミ力で、その後はめでたく、満室に続く満室となりました。

もちろん、ただ待つだけでなく、仕掛けてゆくことも大切でしょう。
女将さんも、そうしていらしたと思います。
ただ、そこでまた、借金を増やして宣伝費に掛けるというのではなく、精神修行のように掃除を続けた女将さんの姿勢に、私は学ぶところが大きいと思うのです。

-------------------- 編集後記

最後まで、ありがとうございました。
【Grow up!】メールマガジンはメンバーの皆様、メールマガジン購読にご登録くださったみなさま、ご縁を頂戴した方々に配信しております。
御不用の方はご面倒ではございますが、このメールにご返信ください。

(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン