女性起業家のためのコミュニティー【Grow up!】メールマガジン 2015.6.9 vol.47

ハンドリングできること、できないことを分ける

おはようございます!【Grow up!】の月森砂名です。
最近「gmail」を利用している方へのメルマガ配信が、不達で戻って来るということが、二、三週続いています。
と書いても、届いていない方には読めないので、何なんですが。
調べたところ、送り方に問題があるのでは?と思い、改善するとともに、バックナンバーを急遽準備中です。

●出来ること、出来ないことの選別

昨日やっと平成26年度補正 創業・第二創業促進補助金の「交付申請書」を提出しました。

応募時には事業計画についてざっと審査し、採択通知を出した後、改めて、事業計画の「予算が妥当かどうか」を、精査するというわけですね。 この時点で、業者、専門家などの関係者に相見積を取り、依頼先を決定する必要があります。

最近はほとんどの企業が、相見積をお願いすると、速攻で料金表を出して来てくれます。
プライス表がすぐに出て来ると言うのは、それだけ数をこなしている、受注が多いという一つの目安になります。
さらに的確な質問を繰り返し、こちらの細かい要望を聞き出し、「出来ることと、出来ないこと」を予め伝えた上で提案をしてくるような業者さんとは、ぜひ、ご一緒させていただきたいと思います。

●やってみなくては分からない?

さて、事業計画書は作成したものの。
今はまだ動き出していないこの時期に、まだまだ詰めなくてはならないことが山ほどあり。
ハンドリングできる部分でさえ山積しているのに、「実際にやってみなくては分からない」部分も多々あることに気づき、気持ちは少々焦り気味。
できるだけ、潰していくつもりではおりますが、相手次第の部分も多く。

「失敗した時の代替案」を準備し、
「失敗しても次があるさ」
「失敗は成功への道」
と、気を楽〜に持って、計画に「遊び」部分を入れておくしかないな、と覚悟を決めました。

さて今朝はシドニー市場で、円が125円55〜65銭で始まりましたが。
為替レートも自分ではハンドリングできません。
海外に投資する場合は、その国の物価上昇とともに、円安も手伝って、日に日にハードルが高くなりますが、海外で外貨を稼いで円換算すると得になります。
そんなわけで、3月の計画策定時点で設定した商品単価が、円換算だと日々上昇しています。

●自己責任で試してみる?

100%正しくあれとは思うのですが、仕事をしていると「融通を利かせて欲しい」ことも多々あります。

そこは、その筋の方たちとお話をしていると、
「私の口からは言えませんが…」
と、少々、歯がゆいところでもあります。

「絶対、青信号でないと、横断歩道を渡らない!」と言う方には無縁なお話ですが…。

今朝送られて来たメールマガジンに、こういう情報がありました。
「40本のお酒、食料 合計180KGをビジネスクラスに乗って持って入り、税関で400万ドンの罰金を友人が支払った。持ってくるときはドカンと持ってきた方が、お徳との事。」
たくましいですね(笑)
 ※400万ベトナムドン=23,012円
 ※ホーチミン市で不動産業を営む Ress.vn (Real Estate Service Saigon)代表
 松本亮一氏の「松本亮一の近況報告とプチ情報」より、引用させていただきました。

-------------------- 編集後記

最後まで、ありがとうございました。
【Grow up!】メールマガジンはメンバーの皆様、メールマガジン購読にご登録くださったみなさま、ご縁を頂戴した方々に配信しております。
御不用の方はご面倒ではございますが、このメールにご返信ください。

(【Grow up!】エバンジェリストメンバー、代表:月森砂名)
運営:特定非営利活動法人 Layer Box
■■■───────────────────────■■■
※なお、本メールマガジンに掲載された内容を無断でご使用なさることはご遠慮ください。

このページのトップへ


バナー バナー
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー
サンプル画像

アドバイス・相談

助成金・補助金、事業計画、節税、資金繰り・融資、弁護士など(各専門家によって対応が違います。その都度、ご案内します)ボタン